2008年02月17日

食べさせてはいけない




DSC06599.JPG




FOOD PETS DIE FOR


それまで自分の愛犬になんの疑いもなく


市販のペットフードを与えていた “一飼い主”


アン・N・マーティンが


我が子の体調不良からペットフード業界に疑問を持ち


そして業界と戦い続けた記録を


“一飼い主”自身が本にしたものです









レンダリング(食肉加工)工場の実態




4D食材


D:dead(死骸)=街中で事故に遭ったりして処理される動物等


D:disearst(病気になった動物)

  =人間用には適さない廃棄同然の物、狂牛病に犯された牛等

D:dying(死にかけの動物)

D:diseased(障害のある動物)



アメリカではこれらの食材が合法的にペットフード

として使われています


   




FOOD PETS DIE FOR


ペットが死ぬ食べ物


この原題が誇張ではないことが、本を読んでわかります










100円ショップで購入できるドッグフード


1000円程度で購入できる大袋


そんなに沢山の原材料を使ってその価格で


ペットフードが作れるの?


そんな疑問が湧いてきたなら


その後には4Dが浮かんでくるかもしれませんね



★★★★☆

衝撃度は大

色々な著書の参考文献にもなっていて

封鎖的な業界にメスを入れた事に対する評価は大きいです

でもすこしマニアックかな・・・・








ニックネーム ヒロ at 05:31| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
セミナーに参加する度にペットフード業界のことをよく耳にしていました。すごく衝撃的な話でした。
自分もかつては輸入ペットフードでしたが恐ろしい物を知らずに食べさせていたな、と。

この本はとても読んでみたい本です。
Posted by バロンまま at 2008年02月17日 05:48
怖い!!怖すぎる!!

そうやよなぁ・・
モノ言わぬわんこの食べるもんやもんね。
生産者が儲けだけ考えて、
無茶しようと思ったら出来るもんね?

よく手作りのフードあげてるとこ見るけど、
なかなか時間的とか難しい。。
食の安全の問題は人間だけじゃないもんね。
Posted by りん at 2008年02月17日 16:16
顔(え〜ん)フード選び本当慎重になっちゃいますGood
少しでも安心できるものをと考えていても不安なものですよねぇ・・・あせあせ(飛び散る汗)
Posted by チロルマミィ〜 at 2008年02月17日 17:25
ほんとに、怖い話ですが、避けて通れない話。
安いものは、怖くてあげられません。
だからと言って、完全に手作りしてあげられないダメママ。。。
廃棄寸前のものを使うと言うのは、よく耳にしますが、毎日食べるものですから、体に良くないものは、少し足りとも入れたくない。
この本、読んでみます。
Posted by ろんまま at 2008年02月17日 21:00
はじめて“レンダリング”という言葉を知ったとき
とっても衝撃を受けたっけ・・・。
ヒロトミさんが“衝撃度大”なんて・・
私にとっては“特大”なんだろうな^^;

読みたい本がどんどん増える・・・
けど時間は増えない・・・。
Posted by りえ at 2008年02月18日 10:59
あぁーがく〜(落胆した顔) 次回の注文までがまんだぁたらーっ(汗)
怖いけど、読んでおくべき事が多いのだろうなぁ…

プラチナ維持は、米やらシャンプーやら買うからです(^^;
お店に行くと、目移りして余計な物まで買ってしまうことがあって…ふらふら
それに、お家に届くのが有り難いのですたらーっ(汗)
Posted by わんこママ at 2008年02月18日 12:17
思わず青ざめてしまいました…。

ペットフードに関しては、安かろう=悪かろう
という考えは当たり前なのかな?
確かに安価でいい物は作れませんもんね。
一番顕著にあらわれるのは、フンでしょうか?
以前一度だけ激安フードを与えた事があったのですが
フンが赤っぽく、脂ぎった感じでした。

そうか…。
まだまだ勉強しなくてはいけませんね。
Posted by べべりん at 2008年02月18日 19:09
★ バロンままさんへ

セミナーであいろんな興味深いお話
げ聞けるのですね。
楽しそう顔(イヒヒ)

本を読んでもどのフードがどのくらい
危険かなんて表示を見ただけで全て
が判るわけではないけど
以前はとりあえず大丈夫だろうと
安いフードも食べさせていました
自分が食べるものは自己責任ですから
あれですけど
ワンコは知らずに食べさせられていますからね
良くないものが蓄積されているかもしれない
まだまだ曖昧な難しい問題です。
Posted by ヒロ at 2008年02月19日 08:03
★  りんさんへ

手作りのフードは、添加物や原材料が
直接見えるから皆さん安心して食べさせていますよね。
でも今は野菜一つ取ってみても
安全には疑問が生じますね・・・

無茶しようと思ったら・・・・・
そうですよね
何十種類の原材料から出来ている加工食品
が10キロで1000円切る??
人件費・運搬費・材料費・・・・・
原価はいくらなの?
原材料に示されている鶏肉はグラムいくらなの
ってなりますよね。
Posted by ヒロ at 2008年02月19日 08:11
★   チロルマミィ〜さんへ

そうそう、これがいいだろうと思って
あげていても。
本当に大丈夫か?と言えば
大丈夫!としっかり言えるほど
掘り下げて調べられないのが現状
まだまだそういう業界なんですよね。

Posted by ヒロ at 2008年02月19日 08:19
★ ろんままさんへ

そうなんですよね
食材を吟味して栄養バランスを考えて
手作りが一番良いことはわかってはいても
なかなか踏み切れない
ワンコが元気にしているからそうなのかも
しれません。

この本の後半は手作りレシピについても
触れていますから
そのあたりも参考になるかも?ですよ。

Posted by ヒロ at 2008年02月19日 08:34
★  りえさんへ

衝撃度大・・は一般的に言うと・・かな?

でもこの本はいままで読んだ
フード関係の本の著者も参考文献として
載せていることがおおい。
フード批判会の先駆者みたいな人ですかね顔(イヒヒ)

そうそう、時間は増えないんですよね。
一日が短いですね〜

とりあえずバムセには毎週お肉とカニ
を食べさせてくださいフン
Posted by ヒロ at 2008年02月19日 08:38
★  わんこママさんへ


お店に行くと目移り・・・・・顔(汗)
ネット徘徊で目移りにならないように
気をつけましょう。

そうだママさんは米もネットだった。

そうか、公共料金はカードに変えて
米や食材もカードで買って
呑み会の幹事は必ず引き受けて
カードで支払って・・・・

コレでプラチナになれるかな?顔(イヒヒ)
Posted by ヒロ at 2008年02月19日 08:42
★  べべりんさんへ


フンが赤っぽく脂ぎって・・・
そうですよね、便には顕著にでてきますよね
ゆるいから悪いわけではないと思いますが
色や匂いや回数は明らかに変わりますよね

リキも今新しいフードの二袋めを食べてます
最初よりフンが安定してきました
だんだん体になじんできたのかな?
Posted by ヒロ at 2008年02月19日 08:45
衝撃的な本みたいですね。
読むのが怖いけど、ヒナのためにも読まないといけないですよね。。

うちの子は何でもペロリと食べちゃうから(落ちてるものまでたらーっ(汗))ちゃんと見てあげないとです。
勉強して、一日でも長く一緒にいたいですもんね。
Posted by ヒナママ at 2008年02月19日 23:44
★  ヒナママさんへ

あちゃ〜ごめんなさい
せっかくコメントもらってたのに・・
そうですね、ヒナちゃんはなんでも食べちゃうから・・・
見た目によらず。

もうすぐ2歳の誕生日ですね
月曜ですか。
パパも元気になって楽しく過ごしてください。
Posted by ヒロ at 2008年02月23日 00:01
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1294382

この記事へのトラックバック