2008年09月18日

カットダウン A




あれから約一ヶ月

休みの日の朝や時間が出来たときチョビのお手入れに行っていました

フェルト状の毛玉が背中意外全身を覆っているため

ブラシで少しづつ、

高齢犬のチョビに負担にならないよう

毛玉を取り除く作業がつづきました

気の遠くなる作業・・・・











でもチョビからすればその時間をはるかに凌ぐ長い間

放置された事で出来た毛玉

そのチョビが必死に頑張っています

途中でやめられるわけがありません












突然台に載せられ、緊張しただろうに・・・

長時間じっとする事にも慣れていないだろうに











綺麗にしてもらっている事を理解しているのか?

触ってもらうことが嬉しいのか?

お手入れの後に待っているお散歩を期待して我慢しているのか?













がんばる理由はチョビにしかわかりませんが

そのいずれかである事は、長い時間一緒に過ごして

間違いないように思います














最後に残ったお腹の毛玉、顔の毛玉、今日取り終わりました

薬用シャンプーをしてあげた後

飼い主さんが部屋の奥から汲んできたお湯をジョーロにうつし

綺麗にながしてあげました















満足そうな表情をしていたチョビですが

皮膚の状態も良くないです、尿に血が混ざるときがあります

もう若くないです・・・・












病院での検査、定期的なトリミング

飼い主さんにお願いしてきました












SMALL LIFE 、 SAME PRICE


チョビから命を学んだ一ヶ月でした










DSC06565.JPG










これからのチョビの犬生が少しでも充実しますように






     次回は  〜Chocopin,sオフ会〜















ニックネーム ヒロ at 16:59| Comment(26) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする