2008年02月13日

自分が思ったこと

昨晩トビーんママさんからこんな情報をもらいました





10046754696_ss[1].jpeg






このつながれている犬

南米コスタリカのある展示会に

『アート』として出展させられていたそうです





そして飲み物も食べ物も与えられず

衰弱していくところを沢山の観客は鑑賞?していたと・・・顔(汗)




記事によるとこの『作品』は評判がよく

コスタリカ代表として

「Bienal Centroamericana Honduras 2008」

というイベントへの参加が決まったそうです





顔(汗)・・・・・exclamation&questionまったくexclamation&questionな話ですが






作者の目的は

「コスタリカのサンホセでは、何万もの野良犬が

路上で飢え死にしたり病死したりするが、誰も気に留めない。

では、この犬のケースのように飢えた犬を一般に公開したら、

反発が起こって我々皆が抱く大いなる偽善を

明るみに出すのではないか」ということだそうです。








この記事を読んで・・・・

アートではない!

ただの虐待に過ぎない事は強く感じます・・でも・・

多くの方が感じられているような強い憤りを

感じていない自分がいます








一つは、本当に死んだの?本当に殺したの?

道端で餓死する犬達を見てかわいそうと思ったから

あるいは見て見ぬふりをする人たちに憤りを感じたから

この作品を思いついたんでしょう?

なのに、一頭なら・・・他の多くの子のために・・・

この子を犠牲に出来る?

更にコスタリカ代表?

普通の人間ならかわいそうと思うでしょう

それが発展途上国だから?豊かでないから?

教育方法が違うから?

不自然すぎて・・・他の何かを感じます

正義は一つだと信じたいです・・・・・






一つは冷たい人間だからなのかもしれません

僕は仕事場でよく『かわいそ〜』って言葉を耳にします

こんなショーケースに入れられてかわいそう・・・



正直『そんなことはこっちだって思ってるよ顔(ぷんっ)

いちいち口に出さなくてもいいから』って思います。



でも中にはフードはショップで買っても

仔犬の展示スペースには入って来れない人も・・・・・

かわいそう過ぎて直視できない人です



僕もかわいそうと思います

早い時期に親元を離れるストレスや社会化のことだけ考えれば

もっと良い方法があるのもわかります

でもいろんな現状で出来る最善の方法だと思って

一日でも早く良い飼い主さんが見つかるように頑張っている・・



ただかわいそうとは思っても

直視できないという人の感覚までは程遠い・・・

そういう、本当に優しい人はこの記事を読んだとき

どう思うのだろう・・・







一つは自分達とそんなに差があるのか?ということ

関連記事やコメントを読んでいると

中国の人のモラルのなさについて多くの方がふれています



以前中国のサファリパークでライオンの餌用に生きた鹿?

を放り込んで、その狩りの光景を興奮して楽しんでいる

中国の人たちの映像を見ました

確かに野蛮に感じました




でも日本の闘犬は野蛮ではないの?

一定のルールがあるにせよ“虐待”ですよね

日本では公然と行なわれていますよね




日本では・・・・


先日とあるペットショップでピットブルを見ました

普通にショーケースで販売されていました・・・

うちのお店でも1歳くらいのピットブルを連れた

方を見かけました・・・

販売、飼育に何の規制もありません



飼ってらっしゃる方には申し訳ないですが・・・

精神的にまともな犬には見えませんでした

スタッフォードシャーテリアとは違いますから

普通にピットブルとして販売されている子です




アメリカでもバックグラウンドでしか行えないんじゃないですか?

闘犬は・・詳しくは知りませんが顔(汗)




ペット先進国の一つイギリスでは

いまやブルドックは立派なペットですよね・・・

そんなイギリスでも

1700年代に商人の憂さ晴らしから始まった

[ブル・ペインティング]

(ブルドックを牛にけしかける見世物)

今考えると虐待そのものです・・・しかし

1801年の議会で禁止法案が却下され

1809年にも却下され

1821年にも却下され

1822年やっと法律(マーチン法)が成立したそうです


法案が却下された理由は“虐待の定義”における認識の違いです





時代の違い、文化の違い・・・本当にそうなのか?

コスタリカでは餓死する犬がかわいそうという

人としての感覚が足りないの?

そうは思いたくないです





日本では年間40万頭の犬が殺処分されています

引越し、老衰のため看護が大変、旅行・・・・

驚くような理由でペットを捨てていく人がいます

そんな大きな話ではなくても散歩のうんちを放置する人

は沢山います・・・・

おそらくペット後進国です





結果何が言いたかったのか良くわからないまま

案の定だらだらと長くなってしまいましたが

コスタリカ、虐待、アート・・・・などで検索すると

関連記事を見ることができます

そして、この『アート』を次の展覧会に出展させないよう

署名活動も行なわれています

この記事を最後まで我慢して読んでいただいた方は

是非ご確認ください。













ニックネーム ヒロ at 20:32| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする