2008年02月23日

チーズ





無題.bmp
無題コメント.bmp





ショップの同僚のペキニーズが亡くなりました

まだ6歳でした


with dog


彼女の記事を読んでいただければわかるように

骨格の奇形で生後2年もつかどうかと言われていた子だそうです

それをわかったうえで迎えてあげて

いままでよく頑張りました





昨日の記事ではないですが

ペットショップやブリーダーは

多くの殺処分される犬猫を作り出す根源みたいな書き方

をされるときがあります



確かにもっとどうにかならんものか?と思う部分や

そういうショップなども見かけます

でも中にはこんな人もいます

僕らはいい加減な人や責任感のない人には

犬猫は譲りません




チーズ FOREVER






ニックネーム ヒロ at 01:44| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月22日

全国共通動物愛護管理推進計画

わんこママさんのミニピンブログ

初めてのわんこ生活+WAN(1)?!

でこんな活動を知りました


今後10年間で犬猫の殺処分数をいかにして減らしていくか

行政が意見を募って、今後の指針をつくるというもの。

この記事を見たときにはすでに埼玉県は締め切っていましたが

全国共通雛形をみて自分の意見をまとめて

送れるところには送っておきました







一つはマイクロチップの義務化について

企業が率先して普及に努めているが行政が足踏みする

理由が見当たらないから・・・





一つは狂犬病予防法で徴収される登録料の

徴収方法と使い道について









本当に微力だとは思いますが、わずかながら最初の一歩です








http://sora.ne.jp





わんこママさんの紹介で拝見させていただいた記事に

民主党の松野議員が答弁する映像が紹介されています









松野議員の答弁の模様











年間40万頭の犬猫が殺処分されている現状を何とか

改善しようとしている議員さんがいるかと思えば

大臣自らわが家で愛護センターから保護していた犬を飼っている

にもかかわらず、『予算がない・・・』

と消極的な答弁を繰り返さざるおえない現状











予算がないから犬猫が苦しみながら死んでいくのなら

無駄づかいせず予算を作り出して欲しい

そのための税金なら払いますから
















ニックネーム ヒロ at 08:56| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月20日

ペット保険

最近は沢山のペット保険がありますが

どのような特徴があるのか

体の強い子犬(怒)、病院に行きがちな子犬(泣)

若い子、シニア世代に入ってる子

一頭だけ飼ってる人、沢山飼ってる人

その家庭にあった保険があるのかな犬(笑)



あごの下の毛が白くなってきたリキパンチ

膝のゆるさが気になるペルルヤギ

どうしようか迷っているので

いくつかピックアップして比較検討してみました



ペット保険.xls左資料








ちなみに法律の改正で3月より会社によって保障内容が

変わる可能性がありますし

ほんと急いで作った基本的な比較検討する際の雛形です

検討中の方は参考にしてください

ニックネーム ヒロ at 08:37| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月17日

食べさせてはいけない




DSC06599.JPG




FOOD PETS DIE FOR


それまで自分の愛犬になんの疑いもなく


市販のペットフードを与えていた “一飼い主”


アン・N・マーティンが


我が子の体調不良からペットフード業界に疑問を持ち


そして業界と戦い続けた記録を


“一飼い主”自身が本にしたものです









レンダリング(食肉加工)工場の実態




4D食材


D:dead(死骸)=街中で事故に遭ったりして処理される動物等


D:disearst(病気になった動物)

  =人間用には適さない廃棄同然の物、狂牛病に犯された牛等

D:dying(死にかけの動物)

D:diseased(障害のある動物)



アメリカではこれらの食材が合法的にペットフード

として使われています


   




FOOD PETS DIE FOR


ペットが死ぬ食べ物


この原題が誇張ではないことが、本を読んでわかります










100円ショップで購入できるドッグフード


1000円程度で購入できる大袋


そんなに沢山の原材料を使ってその価格で


ペットフードが作れるの?


そんな疑問が湧いてきたなら


その後には4Dが浮かんでくるかもしれませんね



★★★★☆

衝撃度は大

色々な著書の参考文献にもなっていて

封鎖的な業界にメスを入れた事に対する評価は大きいです

でもすこしマニアックかな・・・・








ニックネーム ヒロ at 05:31| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月16日

真冬なのに・・・

Tシャツを買う


GRANIPH

はときどきチェック

プードルモチーフのTシャツは・・・・買いだな










DSC06603.JPG











ついでにスニーカーのストックもゲット







DSC06605.JPG





プラチナ会員にならないよう気をつけよう





ニックネーム ヒロ at 00:24| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月15日

ペットの命を守る





DSC06600.JPG



坂本徹也さんというペットジャーナリストの方が

業界の様々な方へのインタビューや文献を基に書いた本




2章のペットフードに関しての記事では

レンダリング食材、酸化防止剤などの危険性について

そのほかナチュラル系のドライフードの紹介や

手作り食についても触れています



3章では日本におけるブリーディングの現状を

ブリーダーさんへのインタビューを交え

紹介しつつ、いったいどういう基準でどこからわが家の

犬を迎えれば良いかアドバイスされています





そのほかにも健康に犬を飼うことについて

持論の中にアドバイザーの意見を交えながら綴っている作品です




ウチの犬は本当に健康なのかな?

飼い方は間違っていないかな?

そんな悩みを持ってらっしゃる方には参考になる本だと思います



参考になりますが衝撃度は低いです

★★★☆☆








ニックネーム ヒロ at 12:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

自分が思ったこと

昨晩トビーんママさんからこんな情報をもらいました





10046754696_ss[1].jpeg






このつながれている犬

南米コスタリカのある展示会に

『アート』として出展させられていたそうです





そして飲み物も食べ物も与えられず

衰弱していくところを沢山の観客は鑑賞?していたと・・・顔(汗)




記事によるとこの『作品』は評判がよく

コスタリカ代表として

「Bienal Centroamericana Honduras 2008」

というイベントへの参加が決まったそうです





顔(汗)・・・・・exclamation&questionまったくexclamation&questionな話ですが






作者の目的は

「コスタリカのサンホセでは、何万もの野良犬が

路上で飢え死にしたり病死したりするが、誰も気に留めない。

では、この犬のケースのように飢えた犬を一般に公開したら、

反発が起こって我々皆が抱く大いなる偽善を

明るみに出すのではないか」ということだそうです。








この記事を読んで・・・・

アートではない!

ただの虐待に過ぎない事は強く感じます・・でも・・

多くの方が感じられているような強い憤りを

感じていない自分がいます








一つは、本当に死んだの?本当に殺したの?

道端で餓死する犬達を見てかわいそうと思ったから

あるいは見て見ぬふりをする人たちに憤りを感じたから

この作品を思いついたんでしょう?

なのに、一頭なら・・・他の多くの子のために・・・

この子を犠牲に出来る?

更にコスタリカ代表?

普通の人間ならかわいそうと思うでしょう

それが発展途上国だから?豊かでないから?

教育方法が違うから?

不自然すぎて・・・他の何かを感じます

正義は一つだと信じたいです・・・・・






一つは冷たい人間だからなのかもしれません

僕は仕事場でよく『かわいそ〜』って言葉を耳にします

こんなショーケースに入れられてかわいそう・・・



正直『そんなことはこっちだって思ってるよ顔(ぷんっ)

いちいち口に出さなくてもいいから』って思います。



でも中にはフードはショップで買っても

仔犬の展示スペースには入って来れない人も・・・・・

かわいそう過ぎて直視できない人です



僕もかわいそうと思います

早い時期に親元を離れるストレスや社会化のことだけ考えれば

もっと良い方法があるのもわかります

でもいろんな現状で出来る最善の方法だと思って

一日でも早く良い飼い主さんが見つかるように頑張っている・・



ただかわいそうとは思っても

直視できないという人の感覚までは程遠い・・・

そういう、本当に優しい人はこの記事を読んだとき

どう思うのだろう・・・







一つは自分達とそんなに差があるのか?ということ

関連記事やコメントを読んでいると

中国の人のモラルのなさについて多くの方がふれています



以前中国のサファリパークでライオンの餌用に生きた鹿?

を放り込んで、その狩りの光景を興奮して楽しんでいる

中国の人たちの映像を見ました

確かに野蛮に感じました




でも日本の闘犬は野蛮ではないの?

一定のルールがあるにせよ“虐待”ですよね

日本では公然と行なわれていますよね




日本では・・・・


先日とあるペットショップでピットブルを見ました

普通にショーケースで販売されていました・・・

うちのお店でも1歳くらいのピットブルを連れた

方を見かけました・・・

販売、飼育に何の規制もありません



飼ってらっしゃる方には申し訳ないですが・・・

精神的にまともな犬には見えませんでした

スタッフォードシャーテリアとは違いますから

普通にピットブルとして販売されている子です




アメリカでもバックグラウンドでしか行えないんじゃないですか?

闘犬は・・詳しくは知りませんが顔(汗)




ペット先進国の一つイギリスでは

いまやブルドックは立派なペットですよね・・・

そんなイギリスでも

1700年代に商人の憂さ晴らしから始まった

[ブル・ペインティング]

(ブルドックを牛にけしかける見世物)

今考えると虐待そのものです・・・しかし

1801年の議会で禁止法案が却下され

1809年にも却下され

1821年にも却下され

1822年やっと法律(マーチン法)が成立したそうです


法案が却下された理由は“虐待の定義”における認識の違いです





時代の違い、文化の違い・・・本当にそうなのか?

コスタリカでは餓死する犬がかわいそうという

人としての感覚が足りないの?

そうは思いたくないです





日本では年間40万頭の犬が殺処分されています

引越し、老衰のため看護が大変、旅行・・・・

驚くような理由でペットを捨てていく人がいます

そんな大きな話ではなくても散歩のうんちを放置する人

は沢山います・・・・

おそらくペット後進国です





結果何が言いたかったのか良くわからないまま

案の定だらだらと長くなってしまいましたが

コスタリカ、虐待、アート・・・・などで検索すると

関連記事を見ることができます

そして、この『アート』を次の展覧会に出展させないよう

署名活動も行なわれています

この記事を最後まで我慢して読んでいただいた方は

是非ご確認ください。













ニックネーム ヒロ at 20:32| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月09日

犬と私の10の約束

DSC06602.JPG


今春映画化が決まっていますね

読みやすく、心あたたまる作品です

あかり、ソックス、お父さん

星君のお母さん

いろんな登場人物がいてそれぞれ魅力的で

いろんな犬の可愛がりかたがある





犬と私の10の約束左ポチッ






10の約束を守って犬を飼っている人はどのくらいいるだろう?

自分はどうだろう?





10、私が死ぬときお願いです、どうかそばにいてください






お店を開いたら、これだけは叶えてあげられる

もう、後悔はしたくないからね







★★★★☆
映画もきっと面白い・・・かな











ニックネーム ヒロ at 00:05| Comment(18) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月06日

新・ペットフードにご用心

DSC06598.JPG


こういう本を手にする方はおそらく

愛犬にどんなフードを食べさせれば良いのか勉強したい

と思っていると思う






この本の内容はメインはナチュラルフードの危険性について

(ナチュラルバランスを名指しで批判も)

そのほか生食やハーブ療法食・・・・

注意する点について書いてある

そして最後はフードとは全く関係ない内容顔(汗)






読み終わって勉強になったかというと・・

何が言いたいのか、何をすすめたいのか良くわからない






★★☆☆☆

危機意識を持つという意味では・・・

おすすめは・・・











ニックネーム ヒロ at 15:39| Comment(22) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月01日

迷子情報

DSC_3613-thumbnail2[1].jpeg

1月27日 午後8時

兵庫県たつの市新宮町の自宅玄関より

外へ飛び出してしまったようです。

いつもは呼び出しがきくのに
この日は戻らなかったそうです・・・


27日は雪がぱらつき、28日は積もるほどの雪となり
29日はその雪が雨に変わったようです。



aqua5800[1].jpeg



【 特徴 】

・アクア 3歳 ♂ 未去勢
・ブルー・タン
・体重3s
・首輪 洋服無し
・断耳済み
・尻尾短め
・頬のタン 少なめ

警察に拾得物依頼届けと、愛護センター、近くの獣医さんに届けをだされています。
近所のスーパー、ホームセンター等にも、張り紙をされたそうです



以上 ミニピンブログ  ミニピン‘Sと一緒さん

から記事をお借りいたしました

微力ではありますが転載させていただきます

時間が勝負です。

ごらんになってらっしゃる方で

現場ご近所にお知り合いがいらっしゃる方・・・など

いらっしゃったら、ご協力おねがいいたします。


一日も早く飼い主さんの元へ帰ってきますように。



ニックネーム ヒロ at 00:17| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする